忙しくても学べる通信の社会福祉士講座

お知らせ

忙しくても学べる通信の社会福祉士講座

通信教育は自分の都合で受けられる 福祉関係の仕事に興味を持っている人のなかで、様々な事業に携わりたい人に求められる資格が社会福祉士です。社会福祉士の資格を得るためには資格勉強が必要ですが、学校で学んだり独学…

詳しくはコチラ

社会福祉士の資格は通信で取ろう

スマートフォン通信教育を学ぶ 通信教育で学べるメリットはいくつかありますが、やはり自分のペースで専門家から教えてもらえるのはとても大きなメリットとなるでしょう。専門学校などに通うことも選択肢として挙げられる…

詳しくはコチラ

通信教育は自分の都合で受けられる

福祉関係の仕事に興味を持っている人のなかで、様々な事業に携わりたい人に求められる資格が社会福祉士です。社会福祉士の資格を得るためには資格勉強が必要ですが、学校で学んだり独学で学んだりと、いくつか勉強の仕方がありますよね。そこで、社会福祉士の勉強を通信で行うメリットをご紹介します。
【メリットその1】働きながらでも勉強ができる他のお仕事をしている人のなかには、勉強する時間が取りにくい人もいらっしゃると思います。ですが、通信教育で勉強するなら時間を気にする必要はありません。学校のように決まった時間に通学することはなく、自分の都合のいい時間を設定して勉強に励むことが可能です。
【メリットその2】プロによる指導独学だと自分の解釈で勉強を行ってしまいがちですが、プロが丁寧に解説してくれますし、教材もプロが選んだものなので間違った知識をつけることもないでしょう。独学で勉強することに自信がない人にオススメです。
【メリットその3】学費を安く抑えられる大学や専門の学校に通うとなると、それなりの学費を支払う必要があります。それらの学校と比べると通信の方が学費をぐっと安く抑えることができます。経済的な意味でも通信教育はメリットがあるので、あまりお金を掛けたくない人は視野に入れてみて下さい。

レポートを郵便で提出

社会福祉士は、従来であれば、専門の養成機関に入学をして単位を修得してから手に入れられる資格でした。しかし、現在では通信でも取得を目指せるようになりました。通信では、働きながら取得を目指せる事や、学校に通う事が困難な事情、経済的な理由など、様々な問題を解消して社会福祉士の取得を目指せます。通信は従来の養成機関よりも安い学費で卒業を目指せるようになっており、経済的に負担が少ないものとなっている魅力があります。
そして、スクーリングは毎日ではありませんので、社会人の方でも休日を利用して資格の取得を目指せるようになっています。基本的には、レポート課題を提出していく事によって学習をしていくスタイルとなっていますので、空いている時間だけ勉強をして、郵便で提出が可能です。全てのレポート課題を提出して、スクーリング日程に参加をしていれば、試験を受けられるようになりますので、単位を修得できるカリキュラムです。
社会福祉士を目指している人に極力、負担が掛からないように配慮されていますので、安心して卒業を目指せる環境となっている特徴があります。また、レポート課題など分からない事があれば電話対応などもあります。資格の取得に向けた専門的な勉強が出来ます。